久しぶりに妻と出かけるもハゲが気になる

どうも、薄毛のタツヤです。薄毛のタツヤっていうの、慣れてきました。ただ、ポジティブになるために考えたフレーズなのに、全くポジティブにはなれません。

先日、妻と久しぶりに出かけてきました。行ったのは名古屋港の水族館。久しぶりに言ったのですが、魚って見ているだけでも楽しいですね。イルカショーも大迫力で凄かったです。妻とゆっくり話すのも久しぶりで、充実した1日を過ごせました。が、やっぱり外に出ると気になってしまうのが薄毛。

最近、ハゲの進行具合とともに、頭を見られているんじゃないかという疑心暗鬼というか自意識過剰な気持ちになってしまうんです。信頼している妻に対しても、薄毛が進んで嫌われてしまうのではないかという不安が募るようになりました。前回書いたハゲのネタ化の話もそうなんですけど、ハゲって精神的にも悪いですね。

もうそろそろハゲの本格的な治療に取り組もうかと考えています。ただ嘆いていては、髪も精神的な余裕も減っていくばかりです。医者に行くのは気が引けるけど、そんなこと言ってたらいつまでたっても髪は生えてきません。ダラダラと先延ばしにしても駄目なので、ネットで色々と調べてみます。